タツゾーさんの四国産サンショウウオの週刊情報、週刊サンショー!! 40号〜最新号
  ここは 週刊サンショー 40〜最新号  |
 
  タツゾー・さんすよの週刊サンショー 40〜最新号
  What's Hinobius?  See it if you are interested about the way of keeping Japanese salamander,please.
Top・更新履歴 What's さんしょううお? How to 観察? 野外観察 ウチのさんしょううお 飼育記録 How to 飼育? 餌の確保 最近的噂 Link 参考文献

Touch me!
(触れると気づかれます)
 主役近影
クロサンショウウオ




管理
さんすよ


 読書とサンショウウオ大好き少年、さんすよ8こと(?)、タツゾーさんのネット週刊誌(?)です。

 すごい山奥までサンショウウオ観察に出かけるパワー。飼育にかたむける情熱。自然を愛する心・・・。「ただ者ではない」です。

 かなり前からメールのやり取りをしていましたがスタッフになって頂けるとは・・・(感謝)。


 
「週刊サンショー」についてのご意見・ご感想は・・・

 ee@be.to
 

・・・へどうぞ!


 寒中のハゼ釣り          号外編 2006,10,22 公開
かなり冷え込んできたのにハゼ釣りを楽しんできました。
このところ号外ばかりですみません…。
 
えさはミミズで、さおはほぼお手製です。
さて僕はハゼ釣りといっても川にいるドンコや少し混ざっているハゼをつるという簡単なものです。
 
釣り方はドンコがいそうな穴にエサをたらして引いたら上げるというこちらもまた原始的な釣り方です。
ここの川はきれいでたいていの魚なら何でもいます。
 
今日も鮎を見かけましたが取れませんでした。(笑
しばらく釣っていると海でつれるよりでかいハゼがかかりました。
横の模様もきれいです。
 
大きな魚がつれて満足して帰ると、今度は友達と一緒にまた川に出かけました(川といってもほぼ溝です)。
しかし、このごろ雨が降っていないせいかひあがってしまって水溜り状態でした!!
 
これはかなりのショックを受けましたが、泥の中に何かいるだろうと思い泥をあさってみると何か平たい尻尾が出てきました。
この辺りによくいる食用カエルのオタマジャクシだろうと思って逃がしかけました。でも、にょ〜んとひげが出てきたのでヒゲの生えたオタマジャクシ!?と思ったところが、お手ごろサイズ25センチのナマズでした。
 
これはすごいということでまたあさるともう一匹出てきました。
これは二人で分けて飼うことにしました。
こんなに小さなナマズを見たのはかなりひさしぶりでした。
ところで、これはなんという種類でしょう?(イワトコナマズか普通のナマズ?)


ハゼつりするタツゾー


釣り上げたハゼ類


ナマズとオタマ

 大きなイワナと小さいサンショウ 49号 2006,10,17 公開
このごろいい天気が続いたので、源流の沢も水溜り状態になっていました。
前にも紹介したとおり、この1700メートル地点の沢には岩魚がいます。
今日もいたので捕まえてみると、20センチを超えているものがほとんどだったのでもって帰ることにしました。捕まえるのは大変でした。
 
岩にもぐったりするので、全身びしょびしょになってしまいました。
イワナはつかんでいても、飛び出してしまうほど力が強いです。
イワナは家に帰って食べましたが、こんなにうまい魚を食べたのは初めてでした。
(天然の渓流魚を食べたことも初めてです。)
 
おっと、サンショウの観察も忘れては(忘れたことは無いけど)いけません!!
オオダイガハラサンショウは4匹捕獲して、あとは数え切れないくらいいました。
4センチほどの幼生で、探せば探すほどいるようです。
 
あまりにも寒くて、水温を測るのを忘れていました。
ぼくらは、ズブ濡れになって退散しました。
やっぱり次の日に風邪ひきました…。

越冬しそうな幼生たち約4センチ


水中のオオダイ幼生


標高1,700mのイワナ


リンドウの咲き始め

 カマキリの日 号外編 2006,10,11 公開
今回は友達と山につりに行きました。
おもに泳ぐのが目的でしたが。
 
10月にはいって泳ぐ人も珍しいでしょうが、僕は冬でも行っています。
川に行って早々、ぶつぶつの大きなカエルを見つけました。
おっ、と思って捕まえようと思ったんですが、水に逃げ込まれてしまいました。
しかし!僕も頑張って泳いでいって、カエルを捕まえました。
 
このカエルの力はすごくて、4回ほど逃げられました。
吸盤が気持ちよかったです(僕だけですか?)。
 
さほど上流ではないんで、大きな鮎は沢山いましたが捕まえられませんでした。(涙
山に行くと色々な生き物がいますが、今日は潜水しているやつやおぼれているのもあわせて5匹見ました。
 
家に帰ると、巨大カマキリが玄関先の植え込みにいました。
このカマキリは、半年くらいずっと住み着いています。台風が来ても生き延びていました。
今日はカマキリの日(何でしょう?)だったのかもしれません。
 

泳いだ川


花壇の住人カマキリくん


カジカガエル

 オオダイ 大・中・小 48号 2006,10, 1 公開
今回はオオダイ大・中・小について書いてみようと思います。
それぞれ発見したところも模様も、全然違います。
 
オオダイ 大:一番大きくてよく食べるオオダイガハラです。このオオダイは、石鎚山系標高1700メートルで捕まえました。このオオダイガハラは、越冬したからここまで大きくなったのかもしれません。斑点もあって濃い青系で、とてもきれいな個体です。
 
オオダイ 中:このオオダイはかなり臆病で、ふたを開けただけでも逃げ込んでしまいます。
赤石山系の標高600〜700メートルで発見しました。赤紫の色彩が強いです。このオオダイだけ色が少し違うようです。
 
オオダイ 小:おくびょうだけど、よく食べます。石鎚山系の標高1200メートルで発見。やはり斑点があって、濃い青系です。よく食べるのにまだまだかなり小さいです。
 
同じオオダイなのに個性がそれぞれちがうんですね!


四国産オオダイガハラ・大中小


オオダイガハラ・大


オオダイガハラ・中


オオダイガハラ・小

 久々に石鎚山系へ 47号 2006, 9,23 公開
今日は久しぶりに石鎚山系に行ってきました。
もうオオダイガハラ幼生は全部上陸しているかもしれませんが、一応のぞいてみます。
 
着いてみると、鳥肌が立つくらい寒かったです。
水に手を突っ込んでみても、身が切れるくらい冷たかったです。
確認できたオオダイは6匹です。変態直前のオオダイもいました。
ここで、捕まえたオオダイたちが少しやせているのに気が付きました。
カワゲラでもあげようと思って少し大きめのカワゲラを捕まえてきました。
 
大きすぎると思っていたんですが、
一番小さなやつが、バクッ!!とかぶりついてきました。
かなりの間噛み付いていましたが、時間をかけてとうとう食べてしまいました
これはすごいとおもい、少々でかいカワゲラでもどんどん食べていきます。
みんなお腹がふとったところで、全部逃がしてやりました。
この日の気温は13.3℃、水温12.1℃、ph数値7.3でした。
寒すぎて、風邪を引きそうでした。


カワゲラを食べるオオダイガハラ幼生


確認できたオオダイガハラ幼生


変態直前のオオダイガハラ


大きなカワゲラも食べちゃう幼生

 我が家のハコネサンショウウオとミルワーム 46号 2006, 9,17 公開
我が家のハコネ君は、前にも発表したように恐ろしい食欲です。
今回は、そのハコネ君の大好物、ミルワームについて書きます。
 
ある日、我が家のミルワームにエサをあげてみようという話になりました。
父は、にんじんやキャベツをあげましたが、すぐしなびてしまうしくさいので僕は別のものをあげようと思いました。
 
そこでふと目に付いたのが魚の飼育用のエサ(キャット)です。
食べるのかなと思いましたが、ミルのあごは強そうなのでぱらぱらと少しだけ入れてみました。
 
次の日の朝、入れておいたキャットを見てみると、かなりかじったあとがあったのでびっくりしました。
食べた分栄養も蓄えられるらしいのでサンショウたちにもいいことです。
 
他のカメのえさや、金魚のえさ、グッピーのえさなど、なんでも食べるようです。
栄養たっぷりミルをあげると今までピンセットからは食べなかったハコネが、ピンセットからでもぱくっと食いつくようになりました。ミルワーム栄養強加は、大成功でした。
 
それと、ハコネのもようが家で見るより自然の個体を見るほうがきれいなのはハコネが小さいからでしょうか。
それとも食べている物が違うからでしょうか。


ミルワームとそのエサ


上陸後1年のハコネサンショウウオ


ハコネサンショウウオ飼育個体

 四国産オオダイガハラとカスミの成長記録 45号 2006, 9, 7 公開
今日は愛媛産のオオダイとカスミの成長記録を発表したいと思います。
 
去年の9月にとってきたオオダイガハラはいまはもう10センチになっています。
たった1年で止水性サンショウの大人位の大きさになってしまいました。
この夏は、ワインクーラーの中、22℃前後で快適に過ごしました。
えさも普通にピンセットから食べるようになりました。
多分、自分と同じくらいの大きさのミミズくらいなら食べてしまうと思います。
 
カスミは現在上陸してから2ヶ月くらいになりました。冷凍アカムシをがつがつ食べます。
ほかのどんなでかいサンショウよりも、一番たくましい気がするのは気のせいでしょうか。
 
今年の夏は冷却装置なしでのりきりました。
中身にはミズゴケと植木鉢(半分に割ったもの)と水を少し入れておきました。
水はおぼれないようにカスミが首を上げればすぐに空気をすえるくらいの深さです。
夏の間はずっとその中に浸かっていました。
 
涼しくなったら水に入らずに壁に張り付いていたので、水は捨てて焼赤玉土に変えてやりました。
涼しくなったら水の中にはあまり入らないようです。
 
オオダイガハラは一年で10センチなら、一番大きくなったときにはオオサンショウくらいありそうです。(笑)
カスミも、あれだけ食べるのにあまり大きくならないのは何でだろうと思います。


約10cmになった四国産オオダイガハラサンショウウオ


約4cmになった愛媛産カスミサンショウウオ


上陸後2ヶ月半愛媛産カスミサンショウウオ


上陸後1年の四国産オオダイガハラサンショウウオ

 台風通過後の観察         44号・・・2006, 8,30 公開
今日僕らは、台風の過ぎた後の山の被害状況を調べに行きました。
台風の大雨のせいで道路が崩れているところがありました。
 
沢もいつもより水が多いようですし、いつもの場所がとても心配です。
案の定、水がごうごう流れていて、サンショウは流されているかもしれません。
 
しかし、いくつか石をはがしてみると、何とか生き残ったやつが泳いでいきました。
いつもよりは少ないですが、ちゃんといるかとが分かってよかったです。
 
次に石鎚山系標高1700メートル地点に行きました。
ここに行く途中、トンボが大発生していて車にバンバンぶつかってきました。
全部赤とんぼだったのが残念です。
 
バッタもかなり発生していて笹ががさがさいっているのはほとんどバッタのせいといっても良いくらいです。
種類は分かりませんが足をこすってぎしぎしと奇妙な音を立てています。
大きさは3センチくらいです。
 
ここは前の所とは違って、かなりサンショウを確認しました。
やはり石が多い分流されたやつが少ないのでしょう。
水温は14度くらいでした。
この前より3度ほど低いです。
 
台風による被害があまり出ていなくてよかったです。


増水して滝になった生息地


大量発生したバッタ


台風により崩壊した道路


四国産オオダイ幼生


増水にも流されなかった四国産オオダイ幼生

 ぶどう狩りぃ               号外・・・2006, 8,20 公開
今回は遠路はるばるぶどう狩りに行ってきました。
ぼくはあまりぶどうが好きではないんですが、父さんと母さんがすごい気迫だったので、ついていくことになりました。
 
しかし、ぶどうをとって氷水で冷やして食べてみると、果汁たっぷりで意外においしかったので、
片っ端から食べていきました。
皮離れがよかったです。
 
ぶどうに満足したところで、つぎはそばを食べに行きました。
ここでは、そば大盛りをペロンと食べてしまいました。
本わさびを「おろし金」ですってめんつゆに入れて食べるとまたおいしいんです。
 
帰りにサンショウがいないかと探してみたんですが、沢蟹が2匹いただけでした。
やはりサンショウのいるところは限られているのでしょうか。


ぶどう狩り


蕎麦大盛り

 オオダイ探し再び           43号・・・2006, 8,15 公開
今日もオオダイガハラ探しに行きました。
山はやっぱり涼しいですね〜。
今回の場所は石鎚山系の標高1800メートル付近です。
 
ずっと雨が降ってなかったので、かなり水が引いていました。
2つ行ったところのうち、源流の上流のほうでは幼生を15匹捕獲して観察することが出来ました。
どれも小さめで3センチ前後でした。
ちなみに水温は17度です。
 
以前卵のうを見つけたほうは、12匹見つけて、合計27匹捕獲できました。
(見つけただけなら50匹以上はいました。)
下流の水温は前と同じくらいでした。
 
それと、なんと下流には前のイワナの大きくなったやつらを4匹見つけました!!
でかいといっても20センチくらいでしたけど。
こいつらがオオダイガハラを食べているのかと思った僕たちでした。


源流付近の様子


オオダイ卵のう発見付近の幼生


四国産オオダイガハラ幼生


上流でのオオダイ15匹


野生のオオダイガハラ幼体


約20センチのイワナ

 オオダイガハラの幼生たち       42号・・・2006, 8, 7 公開
え〜、今日も暑いんですが、観察だけは怠りません!!
今回久々にオオダイガハラの観察に、朝から石鎚山系に行きました。
冷たい水の中に、います、います。
幼生は1匹、2匹…と見つけていき、アミで観察のためすくえただけでも16匹になりました。
 
見つけた数は30匹以上になります。
もう孵化してかなり日がたっているのでしょう、元気な子供たちです。
今年も元気な姿を見れてうりしいです。
 
水温は18度、気温はなんと20度でした。
下界と10度以上違いますね。
 
また、夏の風物詩とも言うべきものをみつけました。
クワガタです!!
それも2匹…落ちていました。(笑
大きなミヤマクワガタのメスとコクワガタのメスでした。
 
夏だなと感じた日でした。


ミヤマクワガタの雌


四国産オオダイガハラサンショウウオ幼生のアップ


四国産オオダイガハラの幼生

 コメント
 みっち「30匹以上の幼生!アップで映像を残しておくと本州産との違いがわかるかも。」
 ミスタ「いい川だなぁ。水温は意外と高いんだなぁ。いいなぁ四国。」
 みっち「どうせもうすぐ四国に行くんでしょ?」
 ミスタ「仕事だからなぁ」

 炎天下でカスミ探し          41号・・・2006, 7,29 公開
 今日は太陽が100キロほどの距離に近づいてきたような暑さでしたが、それでもカスミ探しに出かけました。
いつものなれたところに行ってみたら、先日までの梅雨の激しい雨で
水路は砂で埋まっていました
もうショックで唖然としていたんですが、気を取り直して一生懸命探してみました。案の定1匹も見つかりませんでした。
秋になったらスコップで砂をのけてやろうと思いました。
 
ほかのところものぞいてみたんですが、どこも水がひあがったりしていて、壊滅状態になっていました。
もう上陸してしまったのかと思っていたんですが最近見つけた水路では3匹見つけることが出来ました。
水温は28度くらいです。ここはエビや水生昆虫も沢山いました。
 
ここで見つけたサンショウのうち、一番小さいのが変体していました。(笑
ここは少ないながらもいたのですが、ほかのところのサンショウはどこに行ってしまったんでしょうか。
 
本編からそれますが…。
今日はアブが大量発生していました!!車を止めてもブンブンまとわりついてうるさいですし、ひどいときには顔にまでくっついてきます。
このくるしみ、登山経験者にしか分かりませんよね(笑
ちなみに気温は36度でした…。暑いはずですね。


水中のカスミの様子


埋まった水路と除去された砂の山


野生のカスミ(上陸直前)

 高知探検パート3           40号・・・2006, 7,25 公開
夏休みなのでぶらぶらと2泊3日で高知に行ってきました。
梅雨前線の影響で雨が多くて、天気はあまり良くなかったです。
前回行ったときなどは全然いなかったのでせめて1匹でも見られればと思い、覚悟していました。
 
1泊したあとに産卵池へ行ってみるとただの水溜りなのにまだかなり水がありました。
上のほうの水だけすくっていても何もいなかったので泥ごとごっそりすくってみると、ようやく1匹だけ網に入っていました。
 
川のほうはあれだけ雨がふれば流されているのかもしれません。
かなり探したんですが1匹もいませんでした。
この調子で合計3匹観察できました。
 
だいたい4センチくらいで、もう少しで上陸しそうなやつばかりでした。
前々回はあれだけいて今はいないということはほとんど上陸してしまったということになります(!?)。
 
上陸したということは、来年に希望が持てるということですね(!??)。
勝手な理論をつけながら来年が楽しみな僕たちでした。


オオイタを探すタツゾー


4センチくらいに成長した幼生


水の中の幼生



※映像等、全てのコンテンツについて、サイト運営の基本的な考え・・・
 「サンショウウオは身近な生き物なんだってコトを知って頂けたらうれしいっ。サンショウウオも、それをとりまく自然や環境も、大切かも?・・・って感じて頂けたらうれしい」
 ・・・に沿い、著作権Freeとすることを承諾して頂いています。「広く自由に活用して頂きたい」と思っています。

All menus!
Top ・ 更新履歴
What's さんしょううお?
どんな生き物?
日本産サンショウウオ
 止水性のなかま
  オオイタサンショウウオ
  カスミサンショウウオ  低地型
  カスミサンショウウオ  高地型
  ホクリクサンショウウオ
  トウキョウサンショウウオ
  クロサンショウウオ
  ハクバサンショウウオ
  トウホクサンショウウオ
  エゾサンショウウオ
 流水性のなかま
  ハコネサンショウウオ
  ヒダサンショウウオ
  ブチサンショウウオ
  オオダイガハラサンショウウオ
  イシヅチサンショウウオ
  ベッコウサンショウウオ
 ずっと水中生活してるよ
  オオサンショウウオ
サンショウウオの分類
  イモリやウーパールーパーって
流水性と止水性
How to 観察?
私的観察観
時期を選ばず観察したい
春、観察したい
あやしい野外観察
2005  2004 2003
ウチのさんしょううお
ウチのハコネの世界
ウチのヒダの世界
ウチのクロの世界
飼育記録
2005 2004
How to 飼育?
夏は飼育ケースを冷やす
  冷却装置なしで冷やす
  100円ショップで冷やす!?
幼生の飼育環境
もうすぐ上陸する幼生の飼育環境
上陸したての幼体の飼育環境
幼体・成体の飼育環境
私的簡単お掃除方法
餌の確保(大変っ)
幼生の餌
もうすぐ上陸する幼生の餌
上陸したての幼体の餌
幼体・成体の餌
餌の飼育
私的餌の与え方
最近的噂(NEWS)
NEWS
サンショウウオ仲間 Link
サンショウウオ Link
イモリ ・ウーパールーパー Link
両生類・爬虫類全般 Link
自然と生物 全般 Link
自然と生物 Link
 安心検索サイト集
 参考文献
ここは「週刊サンショー40〜最新号」

週刊サンショー目次 に戻る

Topへ戻る
Top・更新履歴 What's さんしょううお? How to 観察? 野外観察 ウチのさんしょううお 飼育記録 How to 飼育? 餌の確保 最近的噂
※ 当サイトに掲載した写真等で特に記載の無いものは、全て「さんすよ」の撮影・作成したものです。著作した写真等、全てのコンテンツの複写・転載・公衆送信等を全面的にOKします(当サイトに掲載させて頂いているリンク先サイトのバナー・ロゴ等につきましては、当方に著作権はございません。転用はご容赦下さい)。リンクして下さる方がいらっしゃいましたら、ガンガンして下さいませ。
 よろしければバナー・ロゴにどうぞ。    (88x31)   (165x28)
As for the address of this home page “http://san.la”.  Our mail address “ee@be.to”  By 管理「さんすよ」