タツゾーさんの四国産サンショウウオの週刊情報、週刊サンショー!! 50号〜最新号
  ここは 週刊サンショー 50〜最新号  |
 
  タツゾー・さんすよの週刊サンショー 50〜59号
  What's Hinobius?  See it if you are interested about the way of keeping Japanese salamander,please.
Top・更新履歴 What's さんしょううお? How to 観察? 野外観察 ウチのさんしょううお 飼育記録 How to 飼育? 餌の確保 最近的噂 Link 参考文献

Touch me!
(触れると気づかれます)
 主役近影
クロサンショウウオ




管理
さんすよ


 読書とサンショウウオ大好き少年、さんすよ8こと(?)、タツゾーさんのネット週刊誌(?)です。

 すごい山奥までサンショウウオ観察に出かけるパワー。飼育にかたむける情熱。自然を愛する心・・・。「ただ者ではない」です。

 かなり前からメールのやり取りをしていましたがスタッフになって頂けるとは・・・(感謝)。


 
「週刊サンショー」についてのご意見・ご感想は・・・

 ee@be.to
 

・・・へどうぞ!


  新年明けましておめでとうございます        59号 2007, 1, 13 公開
このところカスミ探しに没頭している僕らですが今回もカスミが卵を産みそうな場所を探しに行ってきました!
 
産卵に良さそうなポイントその@は広い池の下にある水のたまり場です。
この水の量(写真を見てください)が常にあれば、山(丘陵地?)も近いですし多分ここに来ると思います。
 
ポイントそのAはどっちかといえば少し大きな水溜りです。
しかも水は一定量あるようですし、何しろ産卵しに来ても探しやすいですからね(笑
 
ポイントそのB、ここはかなり狭い溝と渓流のあいなかみたいなところです。
狭い割に水もかなり合って、深いところが沢山あります。石も沢山あって隠れやすそうです。
カスミじゃなくて、オオダイガハラが居そうです。
 
ポイントそのCは、池と、池から下に流れ出ている小さな滝から続いています。
池は人工的に作られたものではないようです。池には魚もいないようですし、山からも近いのでやはりここも有望です。
 
産卵時期がとても楽しみです!!今考えてみれば今まで見つけた生息地も、有望そうなポイントも、丘陵地(標高100メートルくらい)ではあるんですがどこも町から近いのはなぜでしょうか?

 
コメント
止水性の種の場合、雌がもぐりやすい柔らかい泥のたまった場所があって、その場所が完全に凍らないのが大切なのでしょうか。(年末から遠出していて、年が明けてからは体調を崩して更新が遅れました。ごめんなさい・・・・・大謝。)

産卵に良さそうなポイント1


産卵に良さそうなポイント2


産卵に良さそうなポイント3


産卵に良さそうなポイント4

  新年明けましておめでとうございます        58号 2007, 1, 2 公開
 昨年末にカスミサンショウウオの成体を4匹確認していたので、年末の29日と年明けの1月2日に観察に行ってきました。
雨の降る中でしたが、卵のうがあるか行ってきました。
 
昨年にはタゴガエルとニホンアカガエル、それにメスのイモリも確認していました。
結論から言いますと、カエルの卵のうもカスミの卵のうも確認できませんでした。
 
今年は成体を早く見つけたので産卵が早くなるかと思ったのですが、年末に急に雪が降り、寒くなったので、産卵が遅くなってしまったのかもしれません。残念です。
 
今年水中に潜んでいたのカスミはお腹が膨れていたので、メスなのかもしれません。
しかし、総排出口を見ようとしたのですが、お腹に負担をかけたらいけないと思い、確認できませんでした。
また、来週にでも卵のうがあるか観察に行きたいと思います。
 
正月から野外観察をするタツゾーでした。
今年もさぼらずに書こうと思いますので、みなさんよろしくお願いいたします。

1月2日に確認した愛媛産カスミサンショウウオ


イモリのメス昨年末


初詣で買ったお守り


雨の産卵地周辺


水中に潜んでいた愛媛産カスミサンショウウオ昨年末

  クリスマス前に大発見!!        57号 2006,12,23 公開
今回はビッグニュースです!
今日はぼちぼちヤマアカガエルの産卵が始まったらしいのでカスミの生息地に産卵を見に行ってみました。
 
着いて探してみたんですが、なかなか卵がありません。
アミでそこのほうに無いかなと思って探してみるとなんと…!
 
カスミの成体が這い出してきました!!!
 
突然だったのでしばらく固まっていましたがすぐに捕まえて写真を撮って逃がしました。
オスが2匹とメス(たぶん??)が2匹でした。産卵前なのか腹が膨らんでいました。


愛媛産カスミサンショウウオ


水中の愛媛産カスミサンショウウオ

  カスミ団子                 56号 2006,12,22 公開
今回はうちのカスミたちについて書きたいと思います。
うちのカスミは隠れ家に入っているとき、2〜3匹がもつれ合ってカスミ団子になっています。
えさを食べているときは食べているやつの尻尾に噛み付いたりしていて仲が悪いのにのときだけ仲良く団子になっているのも不思議です。
 
それから11月に上陸したブチかな〜といっていたオオダイ(反対!?)も、ミルワームをペロリとたべるようになりました。
この食べっぷりからしてオオダイガハラかなーという感じがしてきました。
でも最後までわからないのでしばらく様子を見てみようと思います。


カスミ団子


オオダイかな、ブチかな

  成体総集編                55号 2006,12,11 公開
今年見つけた成体たちの総集編です。
まずサンショウを探そうということになったきっかけのアカハライモリ君です!!
サンショウではないですが、サンショウを探そうというきっかけを作ってくれました(今年のことではないですが)。
 
前置きはさておき、今年見つけたサンショウ第一弾はカスミです。
カスミは生息範囲が狭いので見つけるのにかなり時間がかかりました。
あとで気づいたのですが、僕らはカスミの生息地を見つけるのに半年近くかかっていたみたいです。
成体自身を見つけるのにもかなりの時間を費やしましたが
オスとメスどちらも見つけることが出来ました。
 
次は20センチ以上あるオオダイガハラでした。
ナス紺色がとてもきれいでした。
わりと泳ぐのも歩くのも早かったです。
鮮やかな青色のオオダイガハラもいるそうなので一度で良いから見てみたいです。
 
ハコネもかなり見つかりにくいし遠いところにいたのでそう頻繁にいけるものじゃありません。
ハコネは卵のうを見つけてないのでまた見つけに行きたいです。
 
来年の課題はブチを見つけることと、オオイタの成体を見ることです!!


カスミサンショウウオのオス


カスミサンショウウオのメス


20cm以上あるオオダイガハラサンショウウオ


ハコネサンショウウオのメスかな?

 今年見つけた卵のう             54号 2006,12, 4 公開
今回は、今年を振り返って今年見つけた卵のうについて書いてみようと思います。
この一年間で、ほんの一部のサンショウの卵のうを見つけただけですが、サンショウウオという言葉さえ知らなかった人間が、卵のうを見つけただけでも進歩したと自分でも思っています。
 
1番最初に見つけたのはオオイタの卵のうです。
ここからずいぶんと遠くにあったのを始めて行って見つけられたのも変な気分です。
こんな浅い水溜りにもサンショウが生息していたのを始めて知りました。
かなり生命力が強いやつらです。
オオイタの成体はとてもきれいだと聞いています。
成体が見つけられなかったのが残念です。
この卵のうが幼生になり無事に育ってくれているとうれしいです。
 
2番目は、カスミでした。
高知から帰ってきた後すぐに探しに行ったのを覚えています。
カスミだけでなく、アカガエルも産卵に来ていました。
こちらもお情け程度にしか水が流れていませんでした。
 
最後に見つけたのがオオダイガハラでした。
かなりでかい石をひっくり返して「うおー!」「やったぞー!」と叫びました。
でも帰るときは疲れてふらふらでした。
 
いまではそんなこともあったなあですが、そのときは発狂寸前のように飛び回っていました。
四国のサンショウの卵のうはあと2種類です!(ハコネサンショウウオとブチサンショウウオです。)
頑張って発見して見せます!!


今年発見したオオイタサンショウウオの卵のうと幼生


今年発見したカスミサンショウウオの卵のう


今年発見したオオダイガハラサンショウウオの卵のう

 災害復旧工事                53号 2006,11,27 公開
今日はカスミのところへ久々に行ってきました。
が、今回の目的は観察じゃありません!!
 
今回は台風によって、産卵地に流れ込んだ砂を除去したいと思います。
しかし、改めて流れ込んだ砂をみると、1日かかってものけきれないんじゃないかと思うほどでした。
それに案外やってみると力仕事です。
 
と中、捨てようとした砂がもぞもぞと動き出したのです!!
い、今の時期になってカスミ!?
と思ったのですが、かなりでかいヤゴでした。(5pくらいある)
大きくなったらどれくらい大きなトンボになるんだろう、と思いながら逃がしてやりました。
 
雨が降ってきてもきづかないくらい熱中して、どれくらい掘ったんだろうと見てみると、すずめの涙ほどしか掘れていないのが目にうつりました。
 
雨も激しくなったので、草が枯れてからもう一度来ようということになりました。


とても大きいヤコ゜


産卵地の土砂を取るタツゾー

 早くも上陸三日目で…           52号 2006,11,19 公開
正直、もうオフシーズンになりつつあるのでねた切れしかけです…。
 
この間観察に行ったことについてです。
また石鎚山系。
標高1500メートル地点のところで何やらブチがいそうな怪しげな沢を発見しました。
しかし、こちとら何回も期待させられて全てオオダイだったので期待もすぐにしぼんでしまいました。
 
どれくらいか探すとやはりサンショウ(越冬幼生)はいました。
あまり期待は出来ませんでしたが、とりあえず様子を見てみることにしました。
 
しかし、今までのオオダイとは違うところが!!
 
なんと上陸3日目でえさをバクバク食べ始めました。
それとも今までのやつらの成長が遅すぎただけでしょうか?
とにかく、今もエサを元気にぱくついています。
 
エサといえばワラジムシを繁殖させよう大作戦はワラジムシが干からびてしまって失敗に終わりました。
こんどはすこしじめじめしたところで飼ってみようと思います。

コメント
みっち ワラジムシは密閉したタッパーのフタに小さな穴をあけて飼うと良いですよ。乾かないですから。


採取した幼生


上陸3日目でアカムシを食べる


標高1,500mの新しい観察地点


採取したワラジムシ

 潜入!ハコネの基地(笑)         51号 2006,11, 8 公開
前回は近くで探してもダメだということを思い知ったので、一年ぶりにハコネサンショウウオの本拠地(サンショー4号参照です(シャレ!?)
にまで潜入してみたいと思います。
 
相変わらず歩き通しでしたが、前回より30分(徒歩で約1時間)ほど早くつきました。
しかし、結構頑張って探したのになかなかつかまりません。
 
またボーズ!?と思ったんですが、網ですくった葉っぱの間からニュルリと出てきました。
それに景気づいたのか、渓流の石をはぐっていくと次々と見つかりました。
水温は11.4℃と冷たく、PHは8.2でした。
 
全部で5匹捕まえてよーく観察してみると色々と発見が出来ます。
黒ーいツメや、…ヒレ!?なんとよく見るとハコネの手足にヒレが付いていました!!
僕らの気づくのが遅すぎただけかもしれませんが、うちのハコネにこんなものあったっけ?
 
…まあそれは置いといて、ハコネってオレンジ色がきれいですよね。今回のは特にきれいです。
黒に鮮やかなオレンジという組み合わせが最高です。
皆さんはどんなハコネの色が好きですか?

 
コメント
みっち そうですね・・・・・。やっぱり赤系(関西以南に多い)。きれいですから。
ミスタ  関東や東北の人が見るとびっくりする色だなぁ。あの赤は。PHが少し高いようだなぁ。
みっち きちんと調べてますね。とても良いことじゃないですか?
ミスタ  そう言えばみっち、前に貸したPH計返しなさい。
みっち ちゃんと水温も調べていますね。これも良いことですね。
ミスタ  そう言えばみっちには自動温度計測機も貸してたよなぁ。返しなさい。備品だ。
みっち ちゃんと記録するのは良いことですね。
ミスタ  返しなさい。


ロープで崖を下りる


観察できたハコネサンショウウオの幼生


手と足にヒレのようなものが付いてる


水中のハコネ幼生

 何もかもボーズ(ぼうず)」          50号 2006,11, 2 公開
100号まで半分来ました!!ありがとうございます。
そんなめでたいときなのに、情報不足ですみません(観察もオフシーズンです)…。
 
今回は久々にハコネサンショウウオの幼生がいるところへいってみようということになったんです…が、そこまで行くのは少し疲れるので、その下流の川にいないか探してみることにしました。
 
下流といってもポイントから2キロくらいは離れているのですが、2キロなら何とか流されているかもという曖昧な推理です。
結構探してみたんですが、残念ながらハコネの幼生はいませんでした。
 
魚が沢山泳いでいるのが気になりました。
かなり時間が余ったので近くのダムでルアーでもしてみたんですが(ブラック・バス駆除)、広すぎてムリでした。
(やってる人も、かなり少なかったです。)
全部ボーズというのは悲しいです。来週はもっと奥にいってみようかな…。


昨年の上流で見つけたハコネ幼生


ルアーでブラックバス狙い


ハコネ幼生探し


※映像等、全てのコンテンツについて、サイト運営の基本的な考え・・・
 「サンショウウオは身近な生き物なんだってコトを知って頂けたらうれしいっ。サンショウウオも、それをとりまく自然や環境も、大切かも?・・・って感じて頂けたらうれしい」
 ・・・に沿い、著作権Freeとすることを承諾して頂いています。「広く自由に活用して頂きたい」と思っています。

All menus!
Top ・ 更新履歴
What's さんしょううお?
どんな生き物?
日本産サンショウウオ
 止水性のなかま
  オオイタサンショウウオ
  カスミサンショウウオ  低地型
  カスミサンショウウオ  高地型
  ホクリクサンショウウオ
  トウキョウサンショウウオ
  クロサンショウウオ
  ハクバサンショウウオ
  トウホクサンショウウオ
  エゾサンショウウオ
 流水性のなかま
  ハコネサンショウウオ
  ヒダサンショウウオ
  ブチサンショウウオ
  オオダイガハラサンショウウオ
  イシヅチサンショウウオ
  ベッコウサンショウウオ
 ずっと水中生活してるよ
  オオサンショウウオ
サンショウウオの分類
  イモリやウーパールーパーって
流水性と止水性
How to 観察?
私的観察観
時期を選ばず観察したい
春、観察したい
あやしい野外観察
2005  2004 2003
ウチのさんしょううお
ウチのハコネの世界
ウチのヒダの世界
ウチのクロの世界
飼育記録
2005 2004
How to 飼育?
夏は飼育ケースを冷やす
  冷却装置なしで冷やす
  100円ショップで冷やす!?
幼生の飼育環境
もうすぐ上陸する幼生の飼育環境
上陸したての幼体の飼育環境
幼体・成体の飼育環境
私的簡単お掃除方法
餌の確保(大変っ)
幼生の餌
もうすぐ上陸する幼生の餌
上陸したての幼体の餌
幼体・成体の餌
餌の飼育
私的餌の与え方
最近的噂(NEWS)
NEWS
サンショウウオ仲間 Link
サンショウウオ Link
イモリ ・ウーパールーパー Link
両生類・爬虫類全般 Link
自然と生物 全般 Link
自然と生物 Link
 安心検索サイト集
 参考文献
ここは「週刊サンショー50〜49号」

週刊サンショー目次 に戻る

Topへ戻る
Top・更新履歴 What's さんしょううお? How to 観察? 野外観察 ウチのさんしょううお 飼育記録 How to 飼育? 餌の確保 最近的噂
※ 当サイトに掲載した写真等で特に記載の無いものは、全て「さんすよ」の撮影・作成したものです。著作した写真等、全てのコンテンツの複写・転載・公衆送信等を全面的にOKします(当サイトに掲載させて頂いているリンク先サイトのバナー・ロゴ等につきましては、当方に著作権はございません。転用はご容赦下さい)。リンクして下さる方がいらっしゃいましたら、ガンガンして下さいませ。
 よろしければバナー・ロゴにどうぞ。    (88x31)   (165x28)
As for the address of this home page “http://san.la”.  Our mail address “ee@be.to”  By 管理「さんすよ」