幼体・成体の飼育環境にもイロイロあります。創意工夫の世界ですね・・・。ここでは一般的(?)で簡単な例をご紹介。ちなみにウチではもう一工夫(もっともっと簡単に)してます(汗)。 
  ここは How to 飼育 の7ページ目 「 幼体・成体の飼育環境 」 < Top
   My Hynobius page
  What's Hinobius?  See it if you are interested about the way of keeping Japanese salamander,please.
Top・更新履歴 What's さんしょううお? How to 観察? 野外観察 ウチのさんしょううお 飼育記録 How to 飼育? 餌の確保 最近的噂 Link 参考文献

Touch me!(触れると気づかれます)
 主役近影
クロサンショウウオ




管理
さんすよ

 このPageまで来て下さるとは。・・・ひょっとして貴方は神様?感謝!




(卓上冷蔵ショーケース)

 これくらいの大きさですと扱いやすいです。しかし、大きいケースが入らない(小型飼育ケース専用になってしまう)ということも・・・。


All menus!
Top ・ 更新履歴
What's さんしょううお?
どんな生き物?
日本産サンショウウオ
 止水性のなかま
  オオイタサンショウウオ
  カスミサンショウウオ  低地型
  カスミサンショウウオ  高地型
  ホクリクサンショウウオ
  トウキョウサンショウウオ
  クロサンショウウオ
  ハクバサンショウウオ
  トウホクサンショウウオ
  エゾサンショウウオ
 流水性のなかま
  ハコネサンショウウオ
  ヒダサンショウウオ
  ブチサンショウウオ
  オオダイガハラサンショウウオ
  イシヅチサンショウウオ
  ベッコウサンショウウオ
 ずっと水中生活してるよ
  オオサンショウウオ
サンショウウオの分類
  イモリやウーパールーパーって
流水性と止水性
How to 観察?
私的観察観
時期を選ばず観察したい
春、観察したい
あやしい野外観察
2005  2004 2003
ウチのさんしょううお
ウチのハコネの世界
ウチのヒダの世界
ウチのクロの世界
飼育記録
2005 2004
How to 飼育?
夏は飼育ケースを冷やす
  冷却装置なしで冷やす
  100円ショップで冷やす!?
幼生の飼育環境
もうすぐ上陸する幼生の飼育環境
上陸したての幼体の飼育環境
幼体・成体の飼育環境
私的簡単お掃除方法
餌の確保(大変っ)
幼生の餌
もうすぐ上陸する幼生の餌
上陸したての幼体の餌
幼体・成体の餌
餌の飼育
私的餌の与え方
最近的噂(NEWS)
NEWS
サンショウウオ仲間 Link
サンショウウオ Link
イモリ ・ウーパールーパー Link
両生類・爬虫類全般 Link
自然と生物 全般 Link
自然と生物 Link
 安心検索サイト集
 参考文献
幼体・成体を飼育するために
 
 できるだけ自然に近づけて飼育する方がいいのか、思い切って簡単にしてしまうか。悩むところです。自然の状態が一番よいのは当然ですが・・・。
 問題は
「どこに力を入れて、どこを簡単にするか」だと思います。とにかく最初は全力でサンショウウオの生息地の環境を再現してみた上で、だんだん簡単にしていくのが現実的かな・・・と思います。
 環境が整うと餌を食べてくれることが多いです。「餌さえ食べれば大丈夫」とまでは言い切れませんが、「餌を食べてくれる」ということは、環境はまずまず・・・だと思います。

今日も元気よく餌待ち・・・

パクっ

飼育場所・・・冷蔵ショーケース(幅約100p×高さ約75p×奥行き約45p)、他2台

 すでに「How to 飼育? 飼育ケースの冷やし方」で書きました。・・・「コレが絶対必要」と言うわけではありませんが、ちょっとでも悩むのなら購入した方がいいと思います。




飼育ケース
 
 密閉できる大きい目のタッパー(22×32p、深さ10p)を使用してます。そのままだとフタを閉めたときに息ができなくなってしまいますから、フタの一部を半分ほど切り取って網を貼り付けあります。



 昔はよくあるカブトムシの飼育ケースを使っていましたが、餌を入れる窓とフタのすき間・・・たったの5oくらい・・・をこじ開けて逃げられてしまい、完全密封のケースに替えました。
 
驚くほど小さな隙間から逃げる生き物ですからフタの密閉は結構重要だと思います。
 最初は網張りではなく、フタに1oほどの小さな穴をいくつか開けて空気穴にしていたのですが、ケース内にカビが発生しはじめ、何とも言えない臭い(アンモニア臭)がこもるようになってしまいました。
 湿った所に生息する生き物とはいえ、通気は必要だと気づき、あわててフタに網を貼り付ける方法に切り替えました。(一時はフタのほぼ全面網張りにしてしまいました。しかし、これはこれで通気が良すぎるようで、すぐに床材もサンショウウオの体もカサカサに乾いてしまったので「フタ半分の網」をウチでは定番にしてます)
 ケースの深さが10pでは浅いようにも思えますが、深さ16pのケースで床材を厚く敷いた場合と実際に比べてみて、個体の健康状態にはっきりとした差は見られない(有意的な差がない)ように感じました。管理する上で楽なので「浅いケース」にしてます。
 私は基本的に小さな飼育ケースを使っていますが、大きい飼育ケースには「比較的長い間、床材が汚れない(小さいケースだと、あっという間に汚れてしまいます)」「小さいケースに比べ温度変化が少ない」「特にたくさんのサンショウウオを飼育する場合、広い方が餌を食べなくなる個体が出にくい」などの大きな利点があります。一方で「簡単に掃除しずらい」「場所をとる」などの点もあります。
 人それぞれ事情があることですから「
しっかり管理できる範囲で、できるだけ大きい飼育ケース」がいいと思います。

※飼育ケースの作成については「もう少し詳しい説明」を予定してます。
 とりあえず材料と入手方法などですが・・・

・密閉できるタッパー
(22×32p、深さ10p) ホームセンターなどで入手。800円くらい。
 ・・・飼育ケース本体です。

・タッパーのフタに穴をあけるもの 家庭にあるものでOK(釘や錐でも古いフォークでも可)
 ・・・ガスバーナー(ガスコンロで充分)でとがった部分を熱し、フタの一部に押しつけて穴を開けます。

・糸ノコや金属ノコギリの刃 ホームセンターなどで入手。100〜200円くらい。
 ・・・フタにあけた穴にノコギリの刃を入れます。あとは上の映像のように四角く切ります。

・網(1o目くらいの布やビニールの網) ホームセンターなどで入手。1平方メートルで200円くらい(だったかな?)。タマネギなどを入れてあるオレンジのビニール製網袋を切って使っても可。ただし、餌として野生のショウジョウバエ(成虫)を利用する場合、通気性は下がりますが、もっと細かい目の網が必要です。野生のショウジョウバエは1o目くらいの網だと通り抜けてしまいます。
 ・・・フタに開けた四角い穴(窓)よりやや大きめに切ります。

・シリコン接着剤(シリコン充填剤) ホームセンターなどで入手。 200ccくらいのチューブで1500円くらい(だったかな?)。
 ・・・切った網をフタに「貼り付ける」ために使います。タッパー(ポリプロピレン)のフタは特別な接着剤を使わないと「きちんとした接着」はできません。しかし、網に強い力を加えなければこれで充分です。フタにこってり塗って網を貼り付ければ半日〜1日で貼り付け完了です。


床材は焼赤玉土 ・・・ウチでは「じゅうたん張り」に換えつつあります。でも一応基本ですから!

 最初は「小砂利+黒土+腐葉土(枯れ葉混じり)+コケ+いろいろ」でした。生息地の自然状態を再現するため、かなりのオプションを配置していました。しかし、よく餌を食べるクロサンショウウオのケースなどは最低2週間に一度は床材の清掃が必要です。
 1年近くがんばりましたが手に負えなくなってしまい、「健康な状態の植物やコケを配置するのは難しい」ということでやめてしまいました。さらに「黒土や腐葉土も床材を清潔に保つためにはどんどん変えていかなくてはならない」ということで取り除きました・・・。最終的には小砂利のみになってしまいました。
 最近まで、サンショウウオの排出物を少しは分解してくれそうな微生物の繁殖を期待して、
「焼き赤玉土」を厚さ1.5pほど敷いていました。水に浮かず(洗いやすい)弱い酸性なのも結構イイです。ただ、粒の小さなものは餌と間違って呑み込んでしまう恐れがあります。また、粒のかけらがミミズなどの餌にくっつき、餌と一緒に呑み込まれることも・・・。呑み込まれた「消化されない大きな異物」によって(希にですが)、サンショウウオが死んでしまうこともあります。大きな粒のものですと、すき間に小さな幼体が潜り込んでしまうこともあります。「餌をばらまいて自然に食べさせる場合」、餌が粒のすき間に潜り込んでしまう欠点もあります。この床材(焼き赤玉土)は比較的大きな個体を、ピンセット給餌で飼育する場合の床材です。
 
現在は主に「上陸したての幼体の飼育環境」で紹介した飼育ケースを使っています・・・。

 「炭を少し使うといいよ」という話しも聞きましたが、私が自然のなかで出会ったサンショウウオたちは全て「中性よりも弱い酸性の林床」にいたのでアルカリ性になりそうな炭はどうもケースに入れる気がしなくて・・・きっと大丈夫なのでしょうが・・・。
 ちなみに床材にサンゴ砂を使って水がアルカリ性になってしまったり、無知ゆえの試行錯誤もありました。
 床材によっては、
初めのうち弱いアルカリ性を示すものがあります(本来中性〜弱酸性なのに)。3日くらい水に漬けてあく抜き(?)してから使用した方がいいです。どん床材でも、せめて洗ってから使用した方がいいです。

※「焼き赤玉土は高価」と言われていますが、床材に使用するくらいなら許せる範囲(?)だと思います。園芸店やホームセンターで入手。5リットル700円くらい。

隠れ家

 植木鉢を割って入れていますが「完全に隠れることができないような置き方」をしています。餌やりのとき、
隠れ家の奥にいて餌にありつけない子や、隠れ家を急に持ち上げると驚いて餌を食べない個体がでてしまったので・・・。本当はよくないのでしょうが隠れ家等を全く置いていないケースもあります。

(水苔の方が、「隠れ家」としては適しているかもしれません・・・。一番は生きた水苔!?しかし、手に入りにくいのが難点です。ウチでは「植木鉢と生きた水苔」のコンボが多いパターン・・・隠れ家を設置する場合ですが)


※園芸店やホームセンターで入手。100円くらい。

温度計

 冷蔵庫に一つではなく、
一つのケースに一つの温度計がいいと思います。庫内でもずいぶん温度がちがいますから。サンショウウオ飼育の命綱です、が、特別な品を使っている訳ではありまん。

※熱帯魚ショップやホームセンターで入手。水槽用の温度計で300円くらい。

 基本的に水場は必要ありません。多くの野生のサンショウウオは、繁殖期以外は、水場から離れたところで見つかっています。そしてその皮膚は乾いています(完全にカサカサではありませんけど)。水場(繁殖地)からあまり離れずに生活する種もいますが。
 結論ですが、床材がしっかり湿るくらい・・・床材の隙間から水が見える状態・・・でいいと思います。そこらへんの「湿り具合がよくわからない」「・・・すぐ乾いちゃいそう」でしたら、床材の一部を低くし(穴みたいにして)そこにちっちゃな水たまりをつくっては?
 この水たまりの水が減ったら、少し水を入れて元の水位にすれば、床材全体がうまく湿ってくれます。
 ただし、クロサンショウウオなどの繁殖を目指している場合は、時期に応じて大きな水場の確保は絶対に必要です。

 通常の飼育では、ほとんど水らしい水を入れませんから「水換え」の必要はありません。たまに床材をよく洗うだけで充分です。

次のページ  How to 飼育? 「私的簡単お掃除方法」へ 

    How to 飼育? 「上陸したての幼体の飼育環境」 へ戻る

Top・更新履歴 What's さんしょううお? How to 観察? 野外観察 ウチのさんしょううお 飼育記録 How to 飼育? 餌の確保 最近的噂
※ 当サイトに掲載した写真等で特に記載の無いものは、全て「さんすよ」の撮影・作成したものです。著作した写真等、全てのコンテンツの無断複写・転載 ・公衆送信等を全面的にOKします。(当サイトに掲載させて頂いているリンク先サイトのバナー・ロゴ等につきましては、当方に著作権はございません。転用はご容赦下さいませ。)リンクして下さる方がいらっしゃいましたら、ガンガンして下さいませ。
As for the address of this home page “http://san.la”.  Our mail address “ee@be.to”  By 管理「さんすよ」