夏は飼育ケースを冷やすのが基本。必要です!まず冷やすための飼育設備を整えて飼育を始めたいです。サンショウウオは幼生にしても幼体や成体にしても暑さに弱いですから・・・。
  ここは How to 飼育 のTopページ 「 夏は飼育ケースを冷やす 」 < Top
   My Hynobius page
  What's Hinobius?  See it if you are interested about the way of keeping Japanese salamander,please.
Top・更新履歴 What's さんしょううお? How to 観察? 野外観察 ウチのさんしょううお 飼育記録 How to 飼育? 餌の確保 最近的噂 Link 参考文献

Touch me!(触れると気づかれます)
 主役近影
クロサンショウウオ




管理
さんすよ

 このPageまで来て下さるとは。・・・ひょっとして貴方は神様?感謝!



(サーモスタット)
 
 
この部分で温度を感知しているそうです。
All menus!
Top ・ 更新履歴
What's さんしょううお?
どんな生き物?
日本産サンショウウオ
 止水性のなかま
  オオイタサンショウウオ
  カスミサンショウウオ  低地型
  カスミサンショウウオ  高地型
  ホクリクサンショウウオ
  トウキョウサンショウウオ
  クロサンショウウオ
  ハクバサンショウウオ
  トウホクサンショウウオ
  エゾサンショウウオ
 流水性のなかま
  ハコネサンショウウオ
  ヒダサンショウウオ
  ブチサンショウウオ
  オオダイガハラサンショウウオ
  イシヅチサンショウウオ
  ベッコウサンショウウオ
 ずっと水中生活してるよ
  オオサンショウウオ
サンショウウオの分類
  イモリやウーパールーパーって
流水性と止水性
How to 観察?
私的観察観
時期を選ばず観察したい
春、観察したい
あやしい野外観察
2005  2004 2003
ウチのさんしょううお
ウチのハコネの世界
ウチのヒダの世界
ウチのクロの世界
飼育記録
2005 2004
How to 飼育?
夏は飼育ケースを冷やす
  冷却装置なしで冷やす
  100円ショップで冷やす!?
幼生の飼育環境
もうすぐ上陸する幼生の飼育環境
上陸したての幼体の飼育環境
幼体・成体の飼育環境
私的簡単お掃除方法
餌の確保(大変っ)
幼生の餌
もうすぐ上陸する幼生の餌
上陸したての幼体の餌
幼体・成体の餌
餌の飼育
私的餌の与え方
最近的噂(NEWS)
NEWS
サンショウウオ仲間 Link
サンショウウオ Link
イモリ ・ウーパールーパー Link
両生類・爬虫類全般 Link
自然と生物 全般 Link
自然と生物 Link
 安心検索サイト集
 参考文献
夏は飼育ケースを冷やす ・・・冷却設備を利用するのが楽?(冷蔵ショーケースで飼う方法)

 いきなりですが、「冷蔵ショーケースが絶対必要」という訳ではありません。要は、できるだけそのサンショウウオに適した温度に近づけてあげればいいのですから。
 幼生にしろ幼体や成体にしろ、日本のサンショウウオたちは低温を好む傾向があります。種・個体群・その個体の性質によって差がありますが、流水性のサンショウウオの幼生なら10℃〜15℃、それ以外なら15〜20℃が飼育適温かな・・・と思っています。特に流水性の種の場合、しょっちゅう20℃を越えるよう場所で飼育を続けるのはとても難しいと思います。25℃は流水性の臨界を超えた世界・・・。かわいそうです。

 
飼育適温は種類や個体によって差がありますから、「餌の食べ具合」など、諸行動を見て判断するのが一番だと思います・・・。特に止水性のサンショウウオの場合、種・属する個体群・その個体の特性などによって「好む温度」の差が大きいようです。「大体18〜26℃位で、長期間オオイタサンショウウオやカスミサンショウウオを飼育」していらっしゃる方もいます。また、「エゾサンショウウオやトウホクサンショウウオを、13〜25℃を目安に飼育」していらっしゃる方もいます。

 「比較的低温で飼育」が基本ですが、当然「湿度」「適度な暗さ」「通気性」など、温度以外の諸条件も「サンショウウオにとっての快適さ」に影響します。上記の飼育適温は、あくまでも「私の経験上考えた理想に近い飼育温度(?)」です。・・・飼育者の事情で「実現不可能な冷却方法」もあれば、「比較的容易な方法」もあると思います。様々な工夫が考えられるでしょう。

 生物を飼育する以上、飼育者として「できるだけ快適な環境を用意する」のはとても大切なことです。
しかし「完璧に」飼育適温まで下げる必要がない場合も少なからずあります。必要以上に敏感にならず、飼育者が「温度疲れ」してしまわないのも、「夏場の飼育のコツ」かもしれません。

 さて、いろいろな「冷やし方」がありますが、水槽用冷却ファンを使ったり、部屋ごとクーラーで冷やしたり、冷蔵庫に入れたり、ちょっと大がかりですが庭の涼しい所にビオトープをつくってみたりするのもいいのではないでしょうか。サンショウウオは日光浴を必要としませんから、温度さえうまく調節できれば冷蔵庫が一番手頃かもしれません。

 私自身、冷蔵庫・・・−8〜15℃の範囲で温度調節できる・・・で飼育していたことがあります。
 どの方法にするかはいろいろな事情によって違うでしょう。
ここでは、ウチの飼育設備ということで「冷蔵ショーケース」を紹介します。


冷蔵ショーケースって何?

 よくお店にガラス張りの冷蔵庫があります。大体ペットボトルや缶ジュースが冷やしてありますが、それが冷蔵ショーケースです。私自身、普通の冷蔵庫に飼育ケースを入れていたこともありますが「ずっと真っ暗なのは不自然」「観察するとき毎回扉を開けなければならない」・・・という訳で、飼育専用の設備として冷蔵ショーケースを使うことにしました。
 ウチでは主に飼育に使っている物がテーブルのような形で、物を置くことができるので、上に餌用の小型卓上冷蔵ショーケースを2台置いています。


 そのまま使うと庫内が冷えすぎてしまうため、サーモスタットを調整してもらい10℃〜20℃に調節できるようにしました。
 今は平均すると17℃になるように設定してありますが、庫内に温度のむらができるのを利用して、比較的低温を好む種と高温を好む種のケースを置きわけてます。一番低温を好むハコネサンショウウオで15℃、高温を好むクロサンショウウオで18℃くらいになるようにケースを配置してます。
 映像にプラスチックケース(タッパー)が7つ写っていますが、左の5つのケースに成体・幼体のサンショウウオ、右端の2つに幼生と餌のイトミミズが住んでいました。(後ろ方にエアレーション用のゴムホースが見えてます。現在、幼生たちが全て上陸してしまったので使用していません。)

  「一生懸命環境を整えていたつもりが、ケースの温度が上昇してサンショウウオたちが弱ってしまった」そんな失敗を何回かして、私は飼育で一番大切なのは「温度」だと思うようになりました。他のことは試行錯誤しながら整えていっても「温度」だけは最初からきちんと管理してあげる必要があると思っています。しかし、1年中17℃に保つのはかなり大変です(暑い日本の夏、冷却装置なしで17℃保持は難しい)。


冷蔵ショーケースの温度

理想は・・・新品?


 「冷蔵ショーケース」は一般に業務用として使われています。ですから一般の電器屋さんに行っても置いていないと思います。新品ならば電器屋さんを通してメーカー(冷蔵庫を作っているメーカーなら大体OK)に注文することになります。メーカーの販売部で注文できるかもしれません。どちらにしても、カタログを取り寄せたり、電話に聞いたりして「適当な大きさ(広さ)」で「適当な温度に調節できる」物を調べることが先決。
  カタログに載っている
「温度調節機能」をよく見ておかないと面倒なことになります。大体の冷蔵ショーケースの温度調節は「−5〜10℃」です。これでは寒すぎます。どんな日本のサンショウウオも飼育可能な設備にしたいのならば、10〜20℃(最低でも12〜18℃)の温度域をカバーしている製品を選ぶのが大切だと思います。「後で何とかしよう」と開き直って適当な物を入手してもいいでしょうが、せっかく新品を選ぶのならよく考えた方がいいと思います。

 さて
私の場合、現実は・・・中古品でした。生き物の飼育に使うのですから新品が理想なのですが・・・。


サーモスタットの設定・・・中古品は温度が低すぎる!
 
 くどくなりますが、
大体の冷蔵ショーケースは、−5〜10℃くらいの温度調節になっています。これくらいの温度調節の製品が多いので、中古品として出回ることも多い訳です。
 何とかして適温(15℃±5℃くらい)にできないかなあと思い、電器屋さんに相談してみました。サンショウウオの飼育とは言えず「お料理やケーキを保存したいんだけど」と言って。
 ちょっと調べてもらうと、この製品のサーモスタットは電子式(?)ではないので簡単に調節できるという、うれしい結果でした。さっそく調節してもらうことにしました。
 以下、電器屋さんが調節してくれた「サーモスタットの設定」の映像です。

 
右の窓を開けて中を見た映像

1.窓をくぐって右上を見ると・・・

2.右上の隅っこに配線とハリガネが・・・

3.配線とハリガネが冷却ファンのボックスに入り込んでます。

4.冷却ファンを固定している右ネジと・・・

5.左のネジをはずします。

6.すると冷却ファンのボックスが半開きに。

7.さらにボックスを手で開けると・・・。

8.配線とハリガネが見えるようになりました。そして銀色の冷却パイプ(映像の左半分の管)も見えるようになりました。配線は奥にある冷却ファン(モーター)につながっていますが、ハリガネは「金属棒」につながっています。その「金属棒」は冷却パイプにの右にくっついた金属の管に入っています。

9.この「金属棒」が温度を感知する部分だそうです。つまりこれが温まるとクーラーのスイッチが入り、冷えると切れるようになっています。今回の場合「あまり冷えないようにしたい」ので、この部分を「なるべく冷たくなる部分・・・冷却パイプ」にくっつけます。

10.冷却パイプに金属棒をしばるため黒いハリガネを巻いて・・・

11.このように固定してできあがり。

次のページ  How to 飼育? 「冷却装置なしで冷やす」へ 

 飼育記録 「2004」 へ戻る

Top・更新履歴 What's さんしょううお? How to 観察? 野外観察 ウチのさんしょううお 飼育記録 How to 飼育? 餌の確保 最近的噂
※ 当サイトに掲載した写真等で特に記載の無いものは、全て「さんすよ」の撮影・作成したものです。著作した写真等、全てのコンテンツの複写・転載・公衆送信等を全面的にOKします(当サイトに掲載させて頂いているリンク先サイトのバナー・ロゴ等につきましては、当方に著作権はございません。転用はご容赦下さい)。リンクして下さる方がいらっしゃいましたら、ガンガンして下さいませ。
As for the address of this home page “http://san.la”.  Our mail address “ee@be.to”  By 管理「さんすよ」